香川県高松市にある皮膚疾患、性感染症を治療する佐藤皮膚科です。

今日は、性感染症 クラミジアについて書きます。


■症状
男性は、排尿時に尿道部の違和感、かゆみ 痛みがありますがほとんどの場合、軽度か無症状で経過します。
また、朝一番の排尿時に亀頭先端部に水糊を塗ったようなべたつき(膿 うみ)が付着していることもあります。症状がないまま経過すると通常、片側性の軽度の圧痛を伴うクラミジア性の精巣上体炎となり、まれに両側性の精巣上体炎になると男子不妊症の原因になることがあります。

女性は、自覚症状に乏しくほとんど症状が出ません。中には帯下、出血、陰部の掻痒感で気づくことがあり
ますが、そのときは進行している可能性があります。
また、自覚症状のないまま放置すると卵管炎 卵巣炎とな
り下腹部痛が出現し、不妊の原因になります。さらに、右上腹部痛を伴う腹膜炎を起こします。出産時に新生児に産道感染を起こしますので十分注意が必要です。

■潜伏期間 
通常は、感染から1-2週間といわれていますが、症状が出にくいためそれ以上になる場合があ
ります。

■治療の目安 
男性では尿道擦過物または初期尿、女性では腟頚管擦過物でクラミジアの遺伝子検査(核酸増幅法)で行い
ます。施設により血液検査で行っていますが正確さに欠けます。治療は、クラミジアに効果のある抗生物質を内服します。治癒判定は 自覚症状の消失では判定できません。後日、もう一度遺伝子検査(核酸増幅法)を行い、菌の消失を確認する必要があります。
そのほかの注意点は、セックスパートナーも同時に治療し、菌の消失を確認する必要があります。


おかしいな?と感じたら、まず、お近くの泌尿器科で診察されることをお勧めいたします。
自己判断だけではわからないことも多いので、専門医にご相談ください。